「20年後の医療」懇談会で医療費削減は実現するか

磯山友幸
執筆者:磯山友幸 2015年3月6日
エリア: 日本

 高齢化が進んでも医療費総額はできるだけ増やさず、ひとりひとりが受ける医療の質は落とさない――。そんな難問を解く方法を真剣に考える作業が厚生労働省で始まった。

 塩崎恭久厚労相が2月13日に、大臣の私的諮問会議として設置することを発表したもので、20年後の2035年を見据えて日本の保健医療政策をまとめることとなった。

 設置された会議の名称は「『保健医療2035』策定懇談会」。座長には東京大学医学部を卒業した医師で、世界保健機関(WHO)での勤務経験もある渋谷健司・東京大学大学院教授(医学系研究科国際保健政策学教室)を据えた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
磯山友幸 1962年生れ。早稲田大学政治経済学部卒。87年日本経済新聞社に入社し、大阪証券部、東京証券部、「日経ビジネス」などで記者。その後、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、東京証券部次長、「日経ビジネス」副編集長、編集委員などを務める。現在はフリーの経済ジャーナリスト。著書に『国際会計基準戦争 完結編』、『ブランド王国スイスの秘密』(以上、日経BP社)、共著に『株主の反乱』(日本経済新聞社)、編著書に『ビジネス弁護士大全』(日経BP社)、『「理」と「情」の狭間――大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP社)などがある。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top