インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

100歳迎えた日米スパイの秘話

春名幹男
執筆者:春名幹男 2015年3月24日
エリア: 北米

 この3月、日本と米国の元スパイが100歳の誕生日を迎えた。

 日本の元スパイは、陸軍中野学校の第1期生で、開戦前に南米のコロンビアに派遣され、中野学校校友会会長も務めた、東京の牧澤義夫さん。

 アメリカの元スパイは、日本語が堪能で、インパール作戦の背後などで戦略情報局(OSS)の謀略工作などに従事したエリザベス・マッキントッシュさん。

 偶然にも、2人は約20年前から筆者の貴重な知り合いでもあり、この機会に「100歳のスパイ」の業績と歩んだ道を紹介しておきたい。

 

パナマ運河破壊工作?

 牧澤さんは1915(大正4)年3月3日、山口県防府市に生まれ、旧制山口高等商業(現・山口大学)を卒業した。小野田セメントに入社、サラリーマンをしていて徴兵され、陸軍に入隊した。千葉歩兵学校通信隊に配属されたあと、「後方勤務要員養成所」行きを命ぜられた。これが実は、優秀な要員を集めて訓練した中野学校の発足だった。

 1938(昭和13)年7月始動した中野学校の第1期生は入学時19人、卒業時は1人減って18人だった。選りすぐりの教官には、後にインド独立工作に従事した「岩畔機関」の岩畔豪雄中佐(後に少将)や、戦後公安調査庁に入ったソ連専門家、甲谷悦雄少佐(後に大佐)のほか、変わり種には、フランス事情を教えた音楽家の山田耕筰氏がいた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順