饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(124)

夫よりも“称賛”を浴びたサルコジ夫人の外交デビュー

西川恵
執筆者:西川恵 2008年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 前号で、フランスのサルコジ大統領と結婚した元スーパーモデルのカーラ・ブルーニさんを取り上げた。そのカーラ夫人が、三月二十六、二十七の両日、大統領とともに英国を国賓として訪問し、ファーストレディーとしての力量を早速試された。 訪問前からカーラ夫人がらみの報道は過熱気味だったが、訪英当日、英国のタブロイド紙はカーラさんのモデル時代のヌード写真を一斉に掲載した。 ヒースロー空港でチャールズ皇太子とカミラ夫人に迎えられた大統領夫妻は、ロンドンから約三十キロのウィンザーの町に向かい、エリザベス女王とエジンバラ公の出迎えを受けた。手を差し伸べる女王に、カーラ夫人は腰をかがめ、右ヒザを地面につけるようにしてあいさつした。最上級の敬意の表明だった。 羽飾りのある大きなツバの帽子と、明るいベージュ色の服の女王に対して、カーラ夫人はディオールのグレーのコートに同色の服とベレー帽と、控えめの装いで、女王より突出しないよう心がけたことが窺われた。 歓迎式典が終わると、一行は迎賓館に充てられたウィンザー城まで六頭立ての無蓋馬車を連ねてパレードをした。先頭はエリザベス女王とサルコジ大統領、二番目の馬車にエジンバラ公とカーラ夫人。沿道から人々が手を振った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順