行き先のない旅
行き先のない旅(76)

神父か、はたまたカサノヴァか イタリア首相に見る「お国柄」

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2009年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

「蓼食う虫も好き好き」というが、欧州各国のリーダーの顔ぶれを見ると、お国柄を反映して人気のある政治家のタイプがあまりにも違うことに驚かされる。その中で、何と言っても国際社会きってのお騒がせ男、シルヴィオ・ベルルスコーニ伊首相の存在は、外国人にとっては、ミステリー以外の何ものでもない。 ベルルスコーニ首相は、人気サッカーチームACミランのオーナーであり、イタリアのメディアの七割をコントロールするともいわれるメディア王で大富豪。私がミラノに住んでいた一九九四年に政界入りしたが、その時にはあまり長続きするとは思われていなかった。 あにはからんや、彼は十五年の間に三回も首相をつとめることになる。しかもその間、傘下企業の脱税容疑、贈賄容疑、不正会計でたびたび起訴され、マフィアとの黒い噂は絶えなかった。ところが、いったんは政界追放されたものの、時運に恵まれて首相に返り咲き、大統領や首相など国の要人に対する訴追、裁判を凍結する法案を可決させて、さりげなく免責の手はずを整えた。この不透明ないきさつを、欧州議会で追及したドイツ人議員に対して、「私はイタリアでナチの強制収容所の映画を撮影しているプロデューサーを知っているんですけどね、あなたを看守の役に推薦しますよ。あなたにピッタリのはまり役ですよ」と放言、EU(欧州連合)本部のある私の住む街ブリュッセルもひっくり返りそうな大騒ぎになった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順