プラモデル作りの高揚感と罪悪感

成毛眞
執筆者:成毛眞 2003年9月号
カテゴリ: 文化・歴史 金融

 一年に一回だけ自分へのご褒美として許している趣味がある。プラモデル作りだ。 子供の頃、プラモデルは高嶺の花。せっせと小遣いを貯めても、年に一台ゼロ戦を買うのがやっとだった。それゆえに模型屋でお金を払うときには、いつも後ろめたさを感じていた。この五百円で参考書の一冊でも買うべきかもしれないと逡巡し、「お母さんごめんなさい」と心の中でつぶやきながらお金を支払っていた。 プラモデルは、作ること自体が面白かった。出来上がったゼロ戦は次の日にはタンスの上に放りっぱなし。それゆえに罪悪感が増す。五百円は作っている最中の高揚感への対価だと気づいたのは大人になってからのことだ。プラモデルは子供でも説明書に従って作れば完成するようになっている。子供にとっては、何事もきちんと行なえる大人と同じ土俵に立った感覚を持つことができるのだ。 しかし、この「プラモデル罪悪感」は堅固だ。ポルシェの実車は買えたくせに、そのプラモデルはいまだ手にしていない。悪い思い出はないのだが、トラウマそのものだ。そこで一年に一回と条件をつけ、清水の舞台から飛び降りるつもりでプラモデルを買うことにしている。とはいっても、五百円のプラモデルでは損をした気分になる。いささか矛盾しているようだが、せっかく許されたのだからと思い切って高額のものを買うことにしたのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順