テロリストの誕生(7)野に放たれた「クアシ兄弟」

国末憲人
執筆者:国末憲人 2015年5月29日
エリア: ヨーロッパ

 風刺週刊紙『シャルリー・エブド』編集部を襲撃したクアシ兄弟のうちの弟シェリフは、2005年1月に自爆戦闘員としてイラクに赴こうとして、当局に拘束された。拘束直後から2006年10月まで過ごしたパリ南郊フルリ=メロジス刑務所で、フランスのアルカイダ組織の中心人物ジャメル・ベガルと最初に知り合ったと考えられる。

 刑務所内で、多くの受刑者は仲間内だけの名前を持っている。シェリフは「アブ・イッセン」、ベガルは「アブ・ハムザ」という名前で通っていた。

 アブ・イッセンことシェリフ・クアシに対しては、2008年5月に「禁錮3年うち18カ月の執行猶予」の判決が確定した。彼はそれ以前の2006年に出所して、パリ北西部コンフラン=サントノリーヌの大型スーパーの鮮魚部門で働いていた。

 

密かに撮影されていた4人

 前回述べた通り、シェリフ・クアシがベガルとの再会を果たしたきっかけは、アメディ・クリバリが仲介したからだった。シェリフは2010年4月9日から16日にかけて、中央山塊カンタル県の街ミュラに滞在し、ベガルと交流した。

 この時のシェリフの姿は、ミュラの街で目撃されている。憲兵隊に通うベガルと毎日顔を合わせていた商店主は、地元紙『ラモンターニュ』に「ベガルと一緒の彼を見たように思う。普通の風采で、テロリストの顔立ちではなかったね」と語った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順