テロリストの誕生(14)なぜ「シャルリー・エブド」が狙われたのか?

国末憲人
執筆者:国末憲人 2015年8月1日
エリア: ヨーロッパ 中東

 2005年9月、デンマークの日刊紙『ユランズ・ポステン』が預言者ムハンマドの風刺漫画12作品を掲載した。当初は話題にもならなかったが、他の新聞が転載するうちにイスラム過激派の知るところとなり、この年の末から2006年初めにかけて中東やアフリカの国々で抗議運動が起きた。いくつかのデモは暴力的で、デンマークの国旗を焼いたりした。

 これを逆に「報道への圧力」と受け止めた欧州のメディアが、この12作品を再掲載することで『ユランズ・ポステン』紙への連帯意識を表明した。フランスでは、伝統的な大衆日刊紙『フランス・ソワール』が2006年2月1日号で12作品を掲載した。もっ とも、これには内部で批判が出て、編集局長が解任される騒ぎになった。

『シャルリー』が12作品を再掲載する特別号を仕立てたのは、『フランス・ソワール』の1週間後である。1面の表紙には、同紙のスター画家「カビュ」ことジャン・カビュが描いたオリジナルの風刺画を掲げた。「過激派についていけなくなったムハンマド」と題し、預言者と目される男性が頭を抱えて「くそったれに愛されるのはつらい」と嘆いている絵柄である。発刊の前日、フランス国内のイスラム系5団体がパリ大審裁判所(地裁)に対して発行停止の仮処分を申請したが、却下された。特別号は2月8日、予定通り発行された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順