早くも「内閣改造」に踏み切ったジョコウィ大統領の「狙い」

川村晃一

 インドネシアのジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は8月12日、政権発足後わずか10カ月で内閣改造に踏み切った。経済関係を中心に6つのポストで閣僚の交代が行われた。

 当初、内閣改造を最も積極的に主張していたのは、与党第1党でジョコウィの出身政党である闘争民主党(PDIP)だった。同党はそもそも内閣発足時から、配分された閣僚ポストの少なさに不満を持っていた。また、ジョコウィが大統領府を強化するため大統領直属の閣僚ポスト(国家官房長官、内閣官房長官、国家開発企画大臣)や大統領補佐官に任命していた腹心の学者らに対して、同党からは、党と大統領の意思疎通を意図的に妨害していると不快感が示されていた。4月に入って経済の低迷が鮮明になってくると、同党幹部からはパフォーマンスの悪い大臣を名指しして閣僚の入れ替えを求める声が高まった。大統領府強化の動きで自身の役割を奪われるとの危機感を持っていた副大統領のユスフ・カラも、これに同調する動きを見せた。

 

予算執行率わずか12%

 これに対してジョコウィ大統領は、閣僚の働きは常にチェックしていると、内閣改造には必ずしも前向きではなかった。

執筆者プロフィール
川村晃一
川村晃一 独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所 地域研究センター副主任研究員。1970年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒、ジョージ・ワシントン大学大学院国際関係学研究科修了。1996年アジア経済研究所入所。2002年から04年までインドネシア国立ガジャマダ大学アジア太平洋研究センター客員研究員。主な著作に、『2009年インドネシアの選挙-ユドヨノ再選の背景と第2期政権の展望』(アジア経済研究所、共編著)、『インドネシア総選挙と新政権-メガワティからユドヨノへ』(明石書店、共編著)、『東南アジアの比較政治学』(アジア経済研究所、共著)、『新興民主主義大国インドネシア-ユドヨノ政権の10年とジョコウィ大統領の誕生』(アジア経済研究所、編著)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順