ブックハンティング・クラシックス
ブックハンティング・クラシックス(65)

「外遊53日」と「アデナウアーとの対話」(承前)

 敗戦国の指導者たる吉田茂にとって最重要なのが対米関係のハンドリングであったことは、当然である。だからと言って外交的バランス感覚に長けた吉田が西欧の民主主義諸国の動向に無関心であり得たはずがなかった。外交の虫は早くからうずいていた。しかし、政権の最末期にいたるまでに日本国総理として吉田が訪問した外国は、米国ただ一国であった。今日から見ると信じ難い事実だが、当時の国内事情に国際情勢をあわせ考えると、そうならざるを得なかったものと思われる。

 

「大西洋の往復」

 吉田が首相として戦後初の外遊に出たのは、政権基盤がすでにガタついていた1954年9月下旬のことである。ただ、そのスケジュールを知ると、今日の人は驚倒するのではあるまいか。それは驚くなかれ、なんと7カ国歴訪の旅となった。しかも、その旅程はまことに不思議なものだった。歴訪順を挙げると、カナダ、フランス、西ドイツ、イタリア、ヴァチカン、英国、そして米国である。まず吉田と随行団は羽田を東に向けて飛びたつ。搭乗機はJALやANAではなかった。カナダのCPAL(カナダ太平洋航空=現エアカナダ)特別機である。わが国では日本航空が1953年に誕生していたものの、それは国内線に限られていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐瀬昌盛 防衛大学校名誉教授。1934年生れ。東京大学大学院修了。成蹊大学助教授、防衛大学校教授、拓殖大学海外事情研究所所長などを歴任。『NATO―21世紀からの世界戦略』(文春新書)、『集団的自衛権―論争のために』(PHP新書)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順