「中国向け輸出」は急減「スイス高級時計」で計る世界経済の趨勢

磯山友幸

 上海株の急落に端を発した世界的な株式市場の動揺が、高級品の消費に影を落とし始めた。スイス時計協会がまとめた今年7月の全世界向け時計輸出額が19億170万スイスフラン(約2340億円)と、前年同月に比べて9.3%も下落したのだ。1月から6月までは累計で0.4%増とかろうじてプラスを保っていたのだが、7月は状況が一変した。

 その最大の理由は、中国向け輸出に急ブレーキがかかったこと。1~6月は前年同期比5.3%増と伸びていたものが、7月は単月で39.6%減と激減したのだ。6月の上海株の急落を受けて、高級時計のディーラーが一気に輸入を絞ったのだろう。

 高級時計の需要が株価動向に影響を受けるのはほぼ世界共通である。株価が上昇して景況感が改善すると、早い段階で需要が伸びる。一方、株価の下落で先行きが不透明になると、一気に需要が落ち込むのである。生活必需品に比べて景気動向によって需要が大きく動くので、高級時計の売れ行きは世界経済の先行きを示すひとつの指標と見ることができる。それだけに、高級時計の代表格であるスイス時計の輸出急減は、世界経済の減速を示している可能性があるのだ。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
磯山友幸
磯山友幸 1962年生れ。早稲田大学政治経済学部卒。87年日本経済新聞社に入社し、大阪証券部、東京証券部、「日経ビジネス」などで記者。その後、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、東京証券部次長、「日経ビジネス」副編集長、編集委員などを務める。現在はフリーの経済ジャーナリスト。著書に『国際会計基準戦争 完結編』、『ブランド王国スイスの秘密』(以上、日経BP社)、共著に『株主の反乱』(日本経済新聞社)、編著書に『ビジネス弁護士大全』(日経BP社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順