【ブック・ハンティング】幸せに老いるヒント

野村進
執筆者:野村進 2015年10月7日
エリア: 日本
『 介護民俗学へようこそ!―「すまいるほーむ」の物語― 』 六車由実/著 新潮社

 昨年、ヒマラヤ山麓の小国ブータンを初めてたずねたとき、印象深い言葉をきいた。
 ブータンでは若い人たちが、「老いる」ことをまったくおそれないというのである。
 身のまわりに「いかにも幸せそうな老人がいくらでもいるから」というのが、その話をしてくれた在留邦人の男性の解釈なのだったが、胸にすとんと落ちるものがあった。なるほど、ブータンのお年寄りたちは、赤ん坊のガラガラにも似た「マニ車(ぐるま)」という仏具を始終ごろごろ回し、シワが深く刻まれた顔をよくほころばせていた。

「民俗学者」から転じた「介護士」

 本書にも、こんな忘れがたい談話がのっている。
「ずっと高齢者の看護に携わってきた羽柴さんが、すまいるほーむに関わることで、自分が老いていくことが怖くなくなったって言ってくれた」
 きっと看護師の「羽柴さん」は、お年寄りのお世話をしながらも、いや、だからこそ老いていくことに対する恐怖を抱きつづけてきたのだろう。それを解消してくれた「すまいるほーむ」という、静岡県沼津市にあるデイサービスの施設が、本書の舞台である。
 著者の立ち位置がおもしろい。もともとは民俗学者で、大学の准教授だった。それが一転して介護士となり、『驚きの介護民俗学』という著書で話題を呼ぶ。その本を読んだ静岡のデイサービス運営会社の社長に誘われて、すまいるほーむの「管理者兼生活相談員」となり、生まれ故郷の沼津に戻ってきた。
 早い話が、民俗学の考え方と手法を身につけた介護士が、Uターンして地元の老人介護施設で働きだしたわけである。それから2年余の体験と思索を活き活きとつづった文章が、本書の根幹をなす。
 私の独断と偏見によれば、こういう人はまず例外なく“引き”が強い。
 これにはふたつの意味があって、ひとつは個性豊かな人たちが、不思議なほどいつのまにか周りにあつまってくるという引きの強さである。本書にも、定員わずか10名の小規模施設なのに、かつて朝鮮にあった有名料亭で生まれ育った「田端清子さん(大正12年生まれ)」や、戦時中、挺身隊に動員され風船爆弾をつくらされていた「小川ハルコさん(昭和5年生まれ)」といった昭和史の語り部のようなお年寄りが、続々と登場する。
 もうひとつの意味は、さまざまな出来事を、過去・現在・未来から引きよせる力もまた強いということだ。
 本書の元は、ウェブ・マガジン上の連載で、時系列で書かれたため、読者は自然に臨場感と“同乗感”を覚える仕組みになっている。言いかえれば、思いがけない出来事が次々に起こり、読者は著者とともに喜んだり考え込んだり右往左往したりすることになる。私には、そうした出来事の大半を著者が無意識のうちに引きよせてきたように思えるのだが、これも独断と偏見によるものなのであしからず。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野村進
野村進 のむら・すすむ。ノンフィクション作家。1956年東京生れ。拓殖大学国際学部教授。在日コリアンの世界を描いた『コリアン世界の旅』で大宅壮一ノンフィクション賞、講談社ノンフィクション賞受賞。『アジア新しい物語』でアジア太平洋賞受賞。ほかに日本の老舗企業を取材した『千年、働いてきました』や、認知症の世界をルポした『解放老人』など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順