地方再生に逆行する「地方税再配分強化」の仕掛け人は誰だ

磯山友幸
執筆者:磯山友幸 2015年10月29日
エリア: 日本

 政府は2017年度から地方自治体に入る「法人住民税」から1兆円規模を国が吸い上げ、財政力の弱い自治体に集中的に再配分する検討に入ったと、10月26日付けの日本経済新聞が1面トップで報じた。2014年度に導入されている仕組みで、地方税の法人住民税約3兆円のうち、すでに6000億円をいったん国が吸い上げて財政力の弱い自治体に「地方交付税交付金」の一部として配っている。これを1兆円規模に拡大することを検討しているという。日本経済新聞によれば、今後「上積み額はさらに増える可能性もある」という。

 この政策の発案元が誰かは分からないが、おそらく総務省だろう。税制変更には自民党の税制調査会が大きな力を持ってきたが、会長が野田毅衆院議員から宮沢洋一前経済産業相に交代したばかり。記事も「自民、公明両党の税制調査会は消費税の軽減税率の議論に時間を取られている。法人住民税の再配分も今年末に結論を出せない可能性もある」とわざわざ書いており、税調がアイデアの出所ではなさそうだ。

 地方創生をアベノミクスの政策の柱のひとつと位置づける首相官邸や石破茂地方創生担当相の周囲も関係する。だが、官邸からは法人住民税を使った企業版ふるさと納税の導入論議が浮上しており、政策の筋が違う。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
磯山友幸
磯山友幸 1962年生れ。早稲田大学政治経済学部卒。87年日本経済新聞社に入社し、大阪証券部、東京証券部、「日経ビジネス」などで記者。その後、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、東京証券部次長、「日経ビジネス」副編集長、編集委員などを務める。現在はフリーの経済ジャーナリスト。著書に『国際会計基準戦争 完結編』、『ブランド王国スイスの秘密』(以上、日経BP社)、共著に『株主の反乱』(日本経済新聞社)、編著書に『ビジネス弁護士大全』(日経BP社)などがある。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順