【木】テロ、ベルギーの闇、バチカン

執筆者:フォーサイト編集部 2015年11月19日

昨日午後、大野ゆり子さんの「パリは『たゆたえども沈まず』(Fluctuat nec mergitur)」をアップロードしました。自身が12年間住むブリュッセルで準備されたテロの現場を、事件発生翌日のパリで見た大野さん。「中央」のない国・ベルギーの問題点とは。
本日の更新記事は、秦野るり子さんの「またも機密漏洩『フランシスコ法王』と『バチカン高官』の仁義なき戦い」です。またもリークされた、信者の思いとはかけ離れたバチカンの実態。改革を目指す法王と、守旧派のバチカン官僚たちの戦いは続きます。
「中東の部屋」の新エントリは、池内恵さんの「パリ同時テロ:個人が連携、『聖戦』拡散」。11月15日に毎日新聞に掲載されたものですが、今回のテロの基本的な構造を理解するために有用です。「グローバル・ジハードの広がりには二つのメカニズムがある。
地理的な拡大と理念への感化による拡散だ」。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順