ドネツク人民共和国往還記(下)「軍服も自前」のウクライナ兵士

国末憲人
執筆者:国末憲人 2015年11月21日
エリア: ヨーロッパ 中東

 ドネツクで夜を過ごした翌朝の5月7日、運転手の案内で市内の被災地を見て回った。郊外の住宅街に行くと、団地の壁に砲撃や銃撃の痕跡が生々しい。穴だらけで廃虚のようになった棟もある。中に人がいるとは思わず壁の写真を撮っていたら、レンズの向こうに人影が見えた。4階の窓から住人らしき男性がこちらを見つめている。気まずくなって、何となく手を振ってみる。先方も、苦笑いしながら手を振る。

 タンクを載せた車の後ろに、住民が長い行列をつくっている。牛乳の配給だという。戦争の影響だろう。通常の商業活動は完全に戻っておらず、一部の生活必需品は配給制になっているようだ。

 極めて限られた日程なので、この日は境界を越えてウクライナ側に戻らなければならない。政府支配地域に入る検問は大渋滞を起こしているはずだ。日が落ちてからの移動は避けたいので、朝のうちにドネツクを後にする。

 人民共和国の「出国」検問所にさしかかる。鎌トンカチのソ連国旗が掲げられている。ロシア兵らしき担当者が旅券をチェックする。嫌がらせや略奪を心配したが、ここも何もなく通過する。

 去り際、兵士が「煙草をくれないか」と話しかけてきた。「持っていない」と答える前に、反ロシア派の運転手が「ニエット!」と一喝した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順