世界に遅れる日本の「人工知能研究」のお粗末

長倉克枝

 3月9日、米Google傘下のベンチャー企業が開発した人工知能「Alpha Go(アルファ碁)」が世界トップレベルのプロ棋士に勝利、翌日とさらに12日の第3局まで3連勝した。囲碁はチェスや将棋とくらべて人工知能には困難なゲームとされる。2014年には、人工知能が囲碁でトップクラスの棋士に勝つには10年かかると言われていたが、ここ数年で想定以上に人工知能技術が進歩しているのだ。

 ところが、人工知能で大きな成果を上げているのは、「Google」や「Facebook」といった海外IT企業ばかりだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
長倉克枝 ライター・編集者。1981年名古屋生まれ、北海道大学獣医学部卒。日本経済新聞社記者(科学技術部、証券部)などを経てフリー。「日経サイエンス」「wired」「週刊朝日」などに執筆。関心領域はIT全般、テクノロジーと経済、社会保障。
comment:17
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順