あれから1年「大塚家具」騒動の教訓

磯山友幸
執筆者:磯山友幸 2016年3月22日
カテゴリ: 経済・ビジネス
エリア: 日本

 父・会長と娘・社長が経営権を巡って株主総会で激突した大塚家具騒動から丸1年。長女の大塚久美子社長が出した「会社側提案」が株主総会で多数の賛同を得たことで、久美子社長体制が固まった。その後、主力店舗の改装などで、株主に訴えた「入りやすい店舗」への転換を実行し、大塚家具の再生に取り組んでいる。

 一方、会長だった父親の大塚勝久氏は、自らの提案が株主総会で受け入れられず、取締役の地位を失って、長男の大塚勝之専務と共に会社を去った。勝久氏は保有株も半分近くを手離し、その資金で「匠大塚」という新会社を立ち上げた。3月25日に迫る今年の株主総会には株主提案は出ておらず、昨年のような「大荒れ」にはならない見込みだ。

 大塚家具の騒動とは、いったい何だったのだろうか。なぜ、あれほどまでに世間の注目を集めたのだろうか。

 

「情」と「理」の対決

 上場企業を舞台にした騒動だったとはいえ、「どこの家庭で起きてもおかしくない話」、「家族経営の企業ならよくある話」だと多くの人たちの目に映ったことが、関心を呼んだ大きな理由に違いない。

 勝久氏は会見の場で、久美子氏を名指しして「悪い子を作った」と嘆いてみせた。経営路線の違いというのは表面的な話だとし、「私を排除したいだけ」だと言い切った。「人間臭さ」を前面に出し、人々の「情」に訴えたのだ。これを受けてテレビのワイドショーなどは「親子喧嘩」「内紛」と連日報道した。そんな勝久氏の姿に、自らを重ね合わせたり、あるいは自分の父親とダブらせる人が少なくなかったのだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
磯山友幸
磯山友幸 1962年生れ。早稲田大学政治経済学部卒。87年日本経済新聞社に入社し、大阪証券部、東京証券部、「日経ビジネス」などで記者。その後、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、東京証券部次長、「日経ビジネス」副編集長、編集委員などを務める。現在はフリーの経済ジャーナリスト。著書に『国際会計基準戦争 完結編』、『ブランド王国スイスの秘密』(以上、日経BP社)、共著に『株主の反乱』(日本経済新聞社)、編著書に『ビジネス弁護士大全』(日経BP社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順