饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(215)

米大統領「キューバ訪問」で供された「スペインワイン」の意味

西川恵

 オバマ米大統領が3月21、22の両日、キューバを公式訪問した。現職の米大統領がキューバを訪問するのは1928年のクーリッジ大統領以来88年ぶり、2人目。両国は1959年のキューバ革命以来の長年の対立を越えて新しいページを開いたが、この訪問を大いに喜んだ、米国民でも、キューバ国民でもない、第三者がいた。スペインのワインメーカーである。

 

庶民レストランで私的な夕食会

 オバマ米大統領は公式訪問が始まる前日の20日午後、大統領専用機エアフォース・ワンで、ミシェル夫人と2人の娘と共にキューバの首都ハバナ空港に到着した。空港にはロドリゲス外相が出迎え、同大統領は「キューバを訪問出来たのは素晴らしい。クーリッジ大統領は軍艦で3日間もかかったのに、私はわずか3時間で着いた」とのメッセージを発表した。

 宿舎は米大使公邸が充てられたが、この日はまだ私的訪問とあって公式行事はなかった。大統領一家は米大使らの案内で、ハバナの旧市街を散策し、大聖堂では両国の国交回復に尽力したキューバのカトリックのトップ、オルテガ大司教を表敬訪問した。

 夜は旧市街にあるキューバ料理のレストラン「サン・クリストバル・パラドール」に入った。庶民が出入りする気の置けないレストランで、賓客はオーナー兼シェフのマリオ・カルザド・フリアス氏を驚かせた。米大使館は事前にレストランを貸し切りにしたが、身元を明かさず、ましてお客が米大統領一家とは知らせていなかった。食事中、レストラン周辺にはシークレットサービスが配置された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順