「フィリピン大統領選」トップに躍り出た「強い男」

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2016年4月26日
カテゴリ: 国際 政治 社会

 現職のアキノ大統領の任期満了に伴う、6年に1度のフィリピン大統領選が5月9日に迫っている。激戦が予想されていたが、いささか意外な「ダークホース」が世論調査の支持率競争のなかで一歩抜け出す勢いを見せている。それが、南部ミンダナオのダバオ市長であり、「強い男」のイメージを前面に出したマッチョなタイプのロドリゴ・ドゥテルテ氏(71)である。

 

上位3氏がともに失速

 これまで、フィリピンの大統領選は4人を中心に展開してきた。アキノ大統領によって後継指名を受けたマヌエル・ロハス前内務自治大臣(58)、前々回の大統領選では僅差で敗れた有名俳優のフェルナンド・ポー・ジュニアの娘であるグレース・ポー上院議員(47)、マニラ首都圏マカティ市長を経験したジェジョマル・ビナイ副大統領(73)、そして、この中では最も知名度の低いドゥテルテ氏だった。

 振り返ると、副大統領として知名度の高いビナイ氏が、仲の良くないアキノ大統領の政策を否定する挑戦的な言動を繰り返し、独走する形で2014年あたりまでは頑張ってきた。ところが、2015年夏ごろから息切れしたのか支持拡大にかげりが目立つようになり、いまは3位に後退している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順