中国の「鉄道包囲網」のなか「タイ」が進むべき道

樋泉克夫

 5月25日付の日本経済新聞は、1面トップでインドネシアのジョコ・ウィドド大統領との会見記事を掲載し、インフラ建設に関し従来の方針を改め、日本企業にも比重を置く旨の発言を伝えている。インフラ輸出の象徴でもある新幹線建設をめぐって、インドネシアを舞台に展開された昨年来の日中両国の動きを振り返ってみると、インドネシア政権の関心が中国から日本へ移ったとも考えられる。だが、だからといって東南アジアで日本が優位に立ったと思い込むのは早計というものだろう。

 それというのも、東南アジアにおける新幹線建設の大本命は、やはり中国が「泛亜鉄路」と呼ぶ東南アジア大陸部を南北に貫く路線であり、わけても、その中心は昆明を起点にラオス(ヴィエンチャン)、タイ(バンコク)、マレーシア(クアラルンプール)の3カ国の首都を経てシンガポールに繋がる「泛亜鉄路中線」だからだ。

 

タイの最優先課題

 泛亜鉄路中線については既に何回か取り上げているが(2016年4月4日「高速鉄道建設:『中国の提案』を拒否した『タイの深謀』」ほかを参照)、タイと中国の間の丁々発止の駆け引きは、目下のところ小休止といったところだ。タイ側に目立った動きが見られない。それもそうだろう。将来の国づくりを構想した時、避けては通ることのできない大難関である王位継承問題に、国を挙げて取り組まなければならない事態に立ち至っているからだ。これこそが現在のタイが抱える国政上の最優先課題であるに違いない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順