フロリダのテロが示す、宗教規範と世俗・リベラルな規範の間の「葛藤」

池内恵
執筆者:池内恵 2016年6月15日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 北米 中東

犯人自身もゲイだった?

 6月12日のオーランドのゲイが集まるナイトクラブへの銃撃事件で死亡した犯人のオマル・マティーンは、自身がゲイで、襲撃したナイトクラブPulseでも過去に目撃されていたと報じられている。

 ここには、過去の米国内でのローン・ウルフ型のジハードを行った事件との共通性が見出せるかもしれない。自身の資質・性向と、イスラーム教の啓示に由来する(人間の側での変更がほぼ不可能な)規範との間の葛藤を抱えた挙句、暴発したと見られる点だ。オマルの父はアフガニスタンの価値観を保持した人物で、ゲイを罵る言動があったとされる。また、ゲイの間ではゲイに敵対的なイスラーム教を揶揄する言動があり、それに対してオマルが激昂したことがあったとも伝えられる。米国でゲイであることとイスラーム教徒であることを両立させて精神的な安定を保つことは、それほど容易ではないだろう。

米軍精神科医の葛藤

 2009年11月5日に、テキサス州フォート・フッド基地で銃を乱射し30名を殺害したニダール・マリク・ハサンの場合は、軍の精神科医として志願したパレスチナ系アメリカ人のニダール・マリクが、イスラーム教では異教徒に対する軍事的なジハードが義務づけられるが、米軍のイスラーム教徒の兵士はこの義務を果たせないどころか逆にイスラーム教徒と戦わないといけないため、精神的な問題を生じさせる可能性がある、との問題意識を軍内部の学会のプレゼンテーションで吐露していた(パワーポイント・ファイルが残っている)。イスラーム教徒に課されたジハードの義務、それが米国民・米軍人としての立場との間でもたらす葛藤という問題設定は、ある程度イスラーム教を知っている人間からは当然のものと感じられるが、米国の支配的価値観からは理解不能であったようで、ニダール・マリクは不審な研究報告を行ったものと問題視されつつ、単に疲労が溜まったとして放置された。その後間もなく、彼自身がまさにこの葛藤に押しつぶされたように、フォート・フッド基地での銃乱射を行った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順