饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(218)

「EU離脱」とともに「排除」される英国ワインの運命

西川恵
執筆者:西川恵 2016年7月13日
エリア: ヨーロッパ
この首脳会議のあと、EUでの「最後の晩餐」に臨んだキャメロン首相(中央)の心中は……(C)AFP=時事

 

 欧州連合(EU)からの離脱を決めた英国の国民投票を受けて6月28、29の両日、ブリュッセルでEU首脳会議が開かれた。キャメロン英首相は初日の夕食会だけに出席したが、“政治的賭け”に敗れた失意の同首相にとって、最後となるEU首脳会議の夕食をじっくり味わう心のゆとりはなかっただろう。

 

「よく戦った」

 6月23日の国民投票に向けた英国内の残留、離脱両派の激しいキャンペーンは、EUの他27カ国首脳にとって腹立たしいものだった。英国の離脱派は、EUがいかにダメな組織で、これが英国の国益を損ねていると、これでもかとばかり繰り返した。EU首脳らには「EUと移民がスケープゴートにされた」との思いが強い。

 そもそも今回の騒ぎの発端は、EU残留か否かを国民投票にかける“政治的賭け”に踏み切ったキャメロン首相にある。しかしキャンペーンのここ数カ月間、同首相は残留派の先頭に立ってEUを擁護し、EU残留が英国の国益に適ったものであることを説き続けた。このことに対しては「よく戦った」との思いが首脳らにはあった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順