出光・昭シェル「合併反対」騒動:経営統合に潜む「可能性」と「リスク」

後藤康浩
執筆者:後藤康浩 2016年7月13日
エリア: 日本
1年前に統合計画を発表した際は笑顔だったが……(出光興産の月岡隆社長=右=と昭和シェル石油の亀岡剛社長)(C)時事

 

 出光興産と昭和シェル石油の経営統合計画が、出光創業家の反対で頓挫する可能性が出ている。創業家の“反乱”には思惑と打算もあり、与する考えはまったくないが、今回の件は日本でも急増する「経営統合」をより慎重に考える必要性を示しているのも事実だ。即効性の合理化効果のみを求める経営統合に潜む落とし穴に注意するべきである。企業の理念、文化の違いや、なにより社員、取引先の心情を軽視した「木に竹」どころか「鳥と魚」を接ぐような経営統合は、長期的にみればうまくいくはずがないからだ。

 

「人間尊重」という理念

 出光興産は1911年に門司(現北九州市)で石油販売業として創業、新しい商売、市場に挑戦することで急成長した。創業4年目には中国大陸に進出、満州から華北、華南と営業エリアを広げていった。既存の石油会社が支配する国内市場ではなく、しがらみのない中国で強さを発揮した点に、今にもつながる出光興産のアグレッシブさが表れている。だが、終戦とともに中国にあったすべての資産、商売を失った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
後藤康浩
後藤康浩 亜細亜大学都市創造学部教授、元日本経済新聞論説委員・編集委員。 1958年福岡県生まれ。早稲田大政経学部卒、豪ボンド大MBA修了。1984年日経新聞入社。社会部、国際部、バーレーン支局、欧州総局(ロンドン)駐在、東京本社産業部、中国総局(北京)駐在などを経て、産業部編集委員、論説委員、アジア部長、編集委員などを歴任。2016年4月から現職。産業政策、モノづくり、アジア経済、資源エネルギー問題などを専門とし、大学で教鞭を執る傍ら、テレビ東京系列『未来世紀ジパング』ナビゲーター、ラジオ日経『マーケットトレンド』などテレビ、ラジオに出演。講演や執筆活動も行っている。著書に『ネクスト・アジア』『アジア力』『資源・食糧・エネルギーが変える世界』『強い工場』『勝つ工場』などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順