台湾・蔡英文が米紙に語った「南シナ海問題で中国と共闘せず」

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2016年7月27日
中国に対して明確なメッセージを送った(C)EPA=時事

 

 台湾の蔡英文総統が『ワシントン・ポスト(WP)』紙のインタビューに応じた。5月の就任後、内外メディアを問わず、初めてのインタビューである。

 やはりと言うべきか、最初に選んだのは米国で、その相手はWPだった。チョイスは結局のところ、『ニューヨーク・タイムズ(NYT)』かWPしかなかっただろう。蔡英文はあまりインタビューを積極的に受ける方ではない。選挙前には、米誌『タイム』のインタビューを受けてその表紙(アジア版)を飾った。次は、いつかは分からないが、台湾のメディアであるような気がする。その次は日本のメディアではないだろうか。日米のメディアを連続でインタビュー相手に選べば、結局のところ、蔡英文は「親米親日(反中)」ではないかという中国側の疑念を裏打ちする形になる。台湾でも自国メディアの軽視という批判も招くだろう。だから台湾メディアを間にはさみ、次に日本メディア、という順番になるのではないかと推測している。

 

台湾の民意

 さて、インタビューだが、中台関係や南シナ海問題などについてこれまでの公式発言を超えて踏み込んで語っている部分が少なくなく、想像以上に読み応えがあった。形式的なものを好まない蔡英文の性格からして、インタビューに応じる以上は、しっかりとした中身を伴ったものにする、という考えがあるのだろう。その点は、とにかく中身があってもなくても表に出て語ろうとすることに重点を置いた馬英九前総統、陳水扁前々総統のメディア戦略とは趣を異にしている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:5
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順