饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(219)

天皇陛下「生前退位」で考える世界の王室の現状

西川恵
執筆者:西川恵 2016年8月15日
表明に至るまでのご心中はいかばかりか……(C)時事

 

 天皇陛下が生前退位の意向を示唆されたことを機に、皇室や王室など、現代における君主制の役割に改めて注目が集まっている。君主国にはどのような国があって、どのような顔ぶれなのか。新しい世代への譲位はうまくいっているのか、君主制のリスクとは何か……。以下、今回はいつもの「饗宴外交」から趣向を変え、「現代君主考」である。

 

社会の安定装置

 君主国ファミリーは現在世界に29カ国ある。20世紀になった頃、世界には100を超える君主国があった。しかし革命や政変によって、最高権力者を選挙で選ぶ共和制へと転換する国が相次ぎ、現在は1世紀前の3分の1以下となった。

「世襲の君主制は民主主義に反する」との声も一部にはある。英国やスペインでは、王室の廃止を求める団体がデモや署名活動を行っている。その一方で、政治・社会的な利害が錯綜し、世論が流砂化する時代において、君主制の肯定的側面を指摘する政治学者も少なくない。

 有権者によって一定期間、最高権力を託された共和制の下での大統領も、政争や政治的駆け引きから無縁でいることはできず、これが社会の不安定化につながりかねない。これに対して民主主義国の立憲君主は、政治に関与せず、党派性を超えて国民全体を束ねる象徴として、社会の安定装置の機能を果たしているという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順