インド「リオ五輪惨敗」から見えてきた「東京」への道

執筆者:緒方麻也 2016年8月30日
強烈なスマッシュで銀メダルを勝ち取ったシンドゥ選手(C)AFP=時事

 

 前回ロンドン大会の1.5倍、約120人の選手団を送り込んだインドにとって、リオデジャネイロ五輪の結果はいささかほろ苦いものとなった。インドスポーツ庁(SAI)では「綿密な分析の結果、メダル10個は獲得可能」(スリニバス長官)と自信を見せていたが、蓋を開けてみれば「銀1銅1」という結果。「銀2銅4」と6個のメダルを獲得し過去最高の結果を残したロンドンはもちろん、2008年北京五輪の3個をも下回る結果となった。

 

名コーチとコンビで世界へ

 それでも明るい話題はあった。バドミントン女子シングルスでは、世界ランク10位のプサルラ・ベンカタ・シンドゥ(21)が準決勝で日本の奥原希望を破って決勝に進出し、みごと銀メダルを獲得した。179センチの長身から放つスマッシュや粘り強いラリーで格上選手を相次ぎ撃破し、インドのファンを沸かせた。ルックスも典型的なインド美人で、早くもツイッターのフォロワーが急増している。

 シンドゥ選手は南部ハイデラバード出身。両親ともにバレーボール選手という環境で育ち、自然とスポーツの世界に足を踏み入れた。ロンドン銅メダルのサイナ・ネワル(26)など多くのスター選手を育てた名伯楽プレラ・ゴピチャンドの下、16歳でアジア・ジュニア選手権を制覇。その後も世界大会で相次ぎ好成績を収めるなど急成長した。現在はインド国営石油会社バーラト・ペトロリアムの社員。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順