インド「リオ五輪惨敗」から見えてきた「東京」への道

執筆者:緒方麻也 2016年8月30日
強烈なスマッシュで銀メダルを勝ち取ったシンドゥ選手(C)AFP=時事

 

 前回ロンドン大会の1.5倍、約120人の選手団を送り込んだインドにとって、リオデジャネイロ五輪の結果はいささかほろ苦いものとなった。インドスポーツ庁(SAI)では「綿密な分析の結果、メダル10個は獲得可能」(スリニバス長官)と自信を見せていたが、蓋を開けてみれば「銀1銅1」という結果。「銀2銅4」と6個のメダルを獲得し過去最高の結果を残したロンドンはもちろん、2008年北京五輪の3個をも下回る結果となった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top