饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(220)

親日「サウジ副皇太子」へ安倍首相「異例の厚遇」

西川恵
夕食会冒頭には和太鼓の演奏もあった(右列中央が安倍首相、その右隣が副皇太子)(C)時事

 

 サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子(31)が8月31日から9月2日までの3日間、来日した。訪日の目的は、脱石油依存の経済改革を進めるための、日本との経済提携の強化。サウジに原油の多くを頼る日本にとっても願ってもないことだった。

 ムハンマド副皇太子はサウジ王家の王位継承権第2位で、国防相と経済開発評議会議長を兼務する。

 昨年4月、サルマン国王は王位継承権第1位のムクリン皇太子を突然解任し、甥で副皇太子のムハンマド内相(57)を新たな皇太子に、それに次ぐ王位継承権第2位の副皇太子に、国王の息子ムハンマド国防相をあてた。この「2人のムハンマド」のうち、軍事と経済を握る後者の副皇太子が急速に存在感を強めている。

 サウジは長引く原油価格の低迷で2016年予算は財政赤字に陥る見込み。副皇太子は石油依存からの脱却のため、外資導入を目指す成長戦略「ビジョン2030」をまとめており、日本の産業界の投資や技術支援などの協力に期待する。日本の前に訪問した中国(8月29日~31日)でも、エネルギー分野など15の覚書を締結していた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順