タイ政治混乱の裏面で蠢いた「メディア王」の末路

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2016年10月11日
波乱万丈の生涯を歩んだ「メディア王」(C)AFP=時事

 

 8月末から9月初めにかけてバンコクを歩いた。

 1年前のバンコクでは、王妃誕生日を祝い、先導する皇太子にプラユット首相以下、閣僚、国軍幹部など“文武百官”が従う自転車パレードが華やかに行われている。その翌日にエラワン廟爆破事件が発生したこともあり、街のそこここにはそれなりの緊張感が感じられた。だが、今年は違った。王妃誕生日祝賀の8月12日と前日の11日に南タイで連続8件の爆破テロ事件が発生したというのに、地下鉄、高架鉄道、さらには巨大ショッピング・モールでも、去年ほどの警戒態勢すらみられない。

 例年ならバンコクの各所で見かけることが出来たはずの王妃誕生日を祝す華やかな飾りも僅かに数カ所でみられる程度であり、それも大掛かりなシリントーン王女のそれとは余りにも対照的だった。

 

なぜ、今この時期に

 8月31日、プラユット首相は、国防大臣・国軍最高司令官・3軍司令官の協議によってプレム枢密院議長を国防省顧問委員会主席に委嘱したことを発表し、同時に国内各方面に対し、(1)同議長を現実政治の政争に巻き込まないよう(2)政府は既定の方針に従って総選挙を実施する――と語っている。だが、国軍主体の現態勢継続を完全否定したわけではない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順