2つの「レッドライン」を越えた金正恩氏(下)「石炭輸入」を中止した「中国」の真意

平井久志
執筆者:平井久志 2017年3月3日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: 朝鮮半島
2月15日、平壌で開かれた故金正日総書記の生誕75周年を祝う中央報告大会での、金正恩党委員長。この2日前に、金正男氏は暗殺された(朝鮮中央テレビより) (c)時事

 北朝鮮は2月12日、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を地上型に改良した「北極星2」を発射した。その翌日の2月13日にマレーシアで金正男氏が暗殺された。

VXが5年ぶりの米朝対話を霧散させる

 米国のトランプ大統領は2月23日にロイター通信とのインタビューで、北朝鮮の弾道ミサイル発射について「非常に怒りを感じる」と反発を示した。トランプ大統領は選挙期間中には金正恩党委員長と「ハンバーガーを食べて対話する」と、前向きともとれる発言をしたが「決してノーとは言わないが、遅すぎるかも知れない」と後退した。

 北朝鮮の核・ミサイル開発について「非常に危険な状況」という認識を示しながら「中国はその気になれば、とても簡単に解決できる」と中国が圧力を加えるべきとし、米朝対話には否定的だった。

 それでも、米朝双方は3月1、2両日、ニューヨークの国連本部近くのホテルで北朝鮮当局と米国の元国務省幹部や学者たちは、「1.5トラック対話」を計画していた。米朝は2014年12月から非公式の「1.5トラック対話」を欧州や東南アジアで続けて来たが、米国での米朝対話は2011年7月以来、5年余ぶりだった。北朝鮮からは崔善姫(チェ・ソンヒ)外務省米州局長が訪問する予定だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順