「借金帳消し」という危険な「人気取り政策」

執筆者:緒方麻也 2017年4月26日
葉タバコ農家の老女。こうした人々には朗報かもしれないが……(C)AFP=時事

 

 またしてもインド名物ともいえるバラマキ・人気取り政治が頭をもたげてきた。インド最大の2億人を超える人口を擁する北部ウッタルプラデシュ(UP)州。3月開票の議会選で勝利した中央与党・インド人民党(BJP)の州政権は、4月4日に開いた最初の州閣議で選挙公約通り農民の借金を一部帳消しにするという措置を発表した。対象となるのは州の農家2300万戸のうち9割以上に相当する2150万戸で、返済免除額合計は3635億9000万ルピー(約6180億円)に達する。農家1戸当たり最大で10万ルピー(17万円)までの借金を帳消しにするほか、返済不能に陥っている70万人、約563億ルピー(約960億円)分の債務についても銀行に不良債権として処理させる手続きを開始した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順