【現地レポート】青木功「世界記録」への挑戦

執筆者:内木場重人 2017年4月28日
カテゴリ: 国際 スポーツ
エリア: 日本
闘志は衰えず(C)KUNIO TAMURA(以下同)

 

 スタート前の練習グリーン上。近寄ってきたPGA(日本プロゴルフ協会)会長の倉本昌弘と二言三言交わしたあと、パッティングしたボールの行方を確認しながら、青木功は語った。

「いま倉本くんにも言われたけどさ、こんな嬉しそうな顔してる青木は見たことがないってさ。そりゃそうだよ。だって本当にわくわくしてるから。こうやってコースに選手として立ててることがさ。やっぱりね、ゴルフっておれの人生そのものだもの」

 男子レギュラーツアーの今季5戦目(国内開催3戦目)となる第58回中日クラウンズ(名古屋GC和合)。4月27日、その1番ティーグラウンドに、出場選手中最高齢74歳7カ月の青木は、選手として立った。昨年3月よりJGTO(日本ゴルフツアー機構)会長を務めている青木は、本来ならばスーツを着て、選手を送り出す立場にある。実際、会長就任以来、シニアツアーも含めて試合にはほとんど出場できず、レギュラーツアーは1年前のこの大会、実戦も昨年11月の「富士フイルム・シニアチャンピオンシップ」以来だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
内木場重人 フォーサイト編集長
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top