堕ちゆく世界の迷走
堕ちゆく世界の迷走(83)

「安倍窮地」「蓮舫・稲田辞任」でどう動く政局「夏の乱」

執筆者:青柳尚志 2017年7月31日
エリア: 日本
内閣改造までの1週間も持ちこたえられなかった(C)AFP=時事

 

 安倍晋三政権が窮地に立っている。女性閣僚とチルドレンたちの失言や不祥事、森友学園問題に次ぐ加計学園問題への対処の拙さなど、原因を挙げていけばキリがない。根っこにあるのは、民意の変化、つまり人心が倦んでしまったことにある。態勢の立て直しは厳しいといわざるを得ないが、安倍首相が去った後で日本に残るのは何だろうか。

第1次政権の歴史は繰り返すのか

「THISイズ敗因」。中谷元元防衛相の発言が冴えわたっている。暴行疑惑の豊田真由子衆院議員(T)、加計学園関連極秘文書疑惑の萩生田光一官房副長官(H)、数々の失言問題の稲田朋美防衛相(I)、加計学園からのヤミ献金疑惑の下村博文都連会長(当時=S)。3年半の雌伏を強いられていた反安倍勢力を勢いづかせたばかりでなく、安倍首相を支持していた民意も離反させることになった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順