「トランプ大統領」と「議会共和党指導部」の深まる「確執」

足立正彦
執筆者:足立正彦 2017年8月16日
エリア: 北米 日本
互いに批判し合うトランプ大統領とミッチ・マコネル共和党上院院内総務(右) (C)AFP=時事

 

 ドナルド・トランプ大統領はミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対する強硬発言を続けており、8月8日には、世界がかつて目にしたことのないような「炎と怒り(fire and fury)」に直面することになると同国に強く警告した。これに対して北朝鮮が、8月中旬までに中距離弾道ミサイル4発を、米領グアム島周辺に向けて発射する計画を策定すると明らかにした。これを受け、トランプ大統領は「炎と怒り」発言では厳しさが足りなかったとの認識を新たに示すなど、米朝間のレトリックはその激しさをさらに増しつつある。直後に北朝鮮は「米国の出方を見守る」とやや緊張緩和と受け取れるかのような対応も見せているが、いずれにしろ、現在、国際社会の関心は米朝関係の行方に注がれている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順