仏像を「革新」した天才仏師「運慶」の生涯

執筆者:フォーサイト編集部 2017年10月15日
エリア: 日本
この3体に不動明王立像、毘沙門天立像の2体を加えた5体が寺外に出るのは、なんと42年ぶり
運慶作『阿弥陀如来坐像および両脇侍立像』(重要文化財) 1189(文治5)年(鎌倉時代)
神奈川・浄楽寺蔵 写真:鎌倉国宝館(井上久美子)

 

 隆々と盛り上がる筋肉、翻る天衣(てんね)、1点を見つめる潤んだような瞳――。

 平安から鎌倉に移行する動乱の時代、写実的で力強い仏像を生み出した「運慶」。
 平家の焼き討ちで灰燼に帰した興福寺(奈良)や東大寺(同)の復興を手掛け、貴族のみならず、新たに台頭した東国武士の依頼を受けて、従来とはまったく異なる独自の作風を打ち立てた希代の天才仏師である。
 その運慶の史上最大となる展覧会が、東京国立博物館で開催されている。
 人々の心をとらえて離さない運慶仏の魅力について、東京国立博物館絵画・彫刻室主任研究員で、今展覧会のワーキンググループの1人として「運慶展」にかかわった皿井舞さんに聞いた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top