「新国王即位」で模索する新しい「タイ式民主主義」の形

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2017年10月31日
カテゴリ: 国際 政治 社会
10月26日、タイ・バンコクで行われたプミポン前国王の国葬で、王宮周辺を進む王家ゆかりの葬儀用の山車 (C)時事
 

 10月25日から5日間、バンコクの王宮前広場において、1年前に亡くなった故プミポン前国王の葬儀が、歴代国王と同じように古式に則り、荘重かつ煌びやかに執り行われた。

 国王の大葬である。華やぎなどという形容は差し控えるべきだろうが、それでもなお華やぎ以外の言葉がみつからないほどに、目も眩むばかりの中世王朝絵巻が続いた。

 1年にわたって王宮内に安置され、参内した1000万人を超える国民が別れを告げた国王の霊柩は、王家ゆかりの葬儀用の山車によって、王宮前広場に設けられた葬儀用宮殿に運ばれ、荼毘に付された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫 愛知県立大学名誉教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年から2017年4月まで愛知大学教授。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top