「人手不足」と外国人
「人手不足」と外国人(16)

「元日本語教師」訴訟が暴く「ベトナム偽装留学生」ビジネスの実態

出井康博
執筆者:出井康博 2018年1月5日
K校から鈴木さんに送られたアルバイト関連の資料など(筆者提供)

 

 アジアの新興国から出稼ぎ目的で来日する“偽装留学生”の急増によって、彼らの受け入れ先となる日本語学校が「バブル」に沸いている。NHKの調査によれば、日本語学校の数は過去5年で200校以上も増え、全国で643校を数えるまでになった。既存校の拡大も相次ぎ、東京都内では定員2000人以上というマンモス校もある。そんななか、現場で苦悩しているのが日本語教師たちだ。

 日本語学校の多くで“偽装留学生”が溢れている。彼らは日本で少しでも多く稼ごうと、「週28時間以内」というアルバイトの制限に違反して働く。勉強などそっちのけで、夜のバイトに備え授業を睡眠時間にあてる。日本語など上達しなくても、学校は意に介さない。失踪せず、学費を支払ってくれる限り、自らのビジネスは安泰だからだ。こうした現実を前に、理想を持って日本語教師となった人たちほど葛藤を覚える。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)、『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。最新刊は『ルポ ニッポン絶望工場』(講談社+α新書)。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top