ドイツ「2大政党」凋落で始まる「地殻変動」

執筆者:花田吉隆 2018年3月1日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ヨーロッパ
SPD次期党首のアンドレア・ナーレス氏。党員の突き上げをかわせるのか (C)EPA=時事

 

 3月4日に大連立が成立するとして、これはドイツ政治の大変動の幕開けになるのだろうか。

 社会民主党(SPD)の凋落が止まらない。キリスト教民主同盟(CDU)はアンゲラ・メルケル首相の権威が失墜した。ともに、党の下部組織が上層部を突き上げ、執行部の抑えもままならない。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の発達もあり、政治の風土は一変してしまったのか。ドイツでは、長く2大政党が政治の帰趨を握っていた。今や、その2大政党で過半数を割る事態にすらなっている。明らかに2大政党の地盤沈下が著しい。それはドイツが誇ってきた政治の安定が終わり、不安定の幕開けを意味する。政党は民主主義にあって、国民の声を政治の場に伝え、それを政策に反映する機能を果たしてきた。国民は政党を通じ、政治の過程に参加してきた。今、政党が果たしてきた機能が問われている。国民は政党を通すことなく政治に参画しようというのか。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
花田吉隆 元防衛大学校教授。1977年東京大学法学部卒業。同年外務省入省。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授などを歴任。
クローズアップ
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top