「贖罪意識」が犯行に走らせる「犯罪テロ・ネクサス」に留意せよ

国末憲人
執筆者:国末憲人 2018年3月2日
エリア: ヨーロッパ 中東
パリ同時多発テロを首謀したアブデルアミド・アバウドも、犯罪者から「イスラム国」の戦闘員へリクルートされた1人だった (C)AFP=時事

 

 虐げられた人々の立場を代弁し、信念と理論で武装しつつ、革命を目指す非合法組織の面々――。「テロリスト」にはかつて、そのようなイメージがつきまとった。どうやら現代は違うようだ。酒や麻薬に溺れ、刑務所に出入りしたならず者が、自爆テロに走る。背景にあるのは、欧州各地で進む犯罪集団とテロ組織との融合である。「犯罪とテロのネクサス(絆)」と呼ばれるこの現象は、これからのテロ対策の鍵となる可能性があるとして、研究者や治安担当者らの注目を集めている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人 1963年岡山県生まれ。85年大阪大学卒業。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。パリ支局長、論説委員を経て、現在はGLOBE編集長、青山学院大学仏文科非常勤講師。著書に『自爆テロリストの正体』『サルコジ』『ミシュラン 三つ星と世界戦略』(いずれも新潮社)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』『巨大「実験国家」EUは生き残れるのか?』(いずれも草思社)、『ユネスコ「無形文化遺産」』(平凡社)、『ポピュリズム化する世界』(プレジデント社)など。
クローズアップ
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top