「禁じ手」で牙城死守したインド「地方州議会選」に見るモディ政権の危うさ

執筆者:緒方麻也 2018年5月25日
カテゴリ: 国際 政治 社会
カルナタカ州下院選挙では、「勝負に勝って試合に負けた」モディ首相 (中央)(C)AFP=時事

 

 IT(情報技術)都市バンガロールを州都に持つインド南部・カルナタカ州の議会下院選挙は、「全国制覇」を目指した中央与党インド人民党(BJP)が第1党に躍進したものの過半数には届かず、最高裁を巻き込んだ騒動の末、国民会議派と地元政党ジャナタ・ダル世俗派(JD-S)の「2位・3位連合」による新たな州政権が発足した。

 2014年の総選挙で大敗して下野し、主要州の議会選でも連敗が続いていた国民会議派にとって、カルナタカ州は北西部パンジャブ州とともにほぼ最後の牙城だった。連立とはいえこの重要州での政権を何とか死守したことで、会議派は2019年春の次期総選挙に向けた巻き返しに、わずかながら希望をつなげた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top