饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(165)

米とイランが呉越同舟したジャクソン・ポロック展

西川恵
執筆者:西川恵 2012年2月27日
カテゴリ: 国際 文化・歴史

 現在、東京国立近代美術館でジャクソン・ポロック展(2月10日-5月6日)が開かれている。生誕100年、いまも絵画の世界に多大な影響を与え続けているアメリカン・アートの巨匠だが、世界から集められた作品の充実ぶりもさることながら、興味深いのは展覧会での米国とイランの呉越同舟だ。
 ポロックは1912年に中西部ワイオミング州に生まれ、1956年に飲酒運転による自動車事故で44歳で亡くなった。床に広げたキャンバスに塗料を流し込み、刷毛などで叩きつけるように塗料を撒き散らすポーリングの技法で知られる。ピカソのキュービスムを中心としたそれまでの現代絵画の潮流を超えた新しい抽象表現主義を決定づけた画家として位置づけられている。

イランにあったポロックの最高傑作

インディアンレッドの地の壁画 1950年 テヘラン現代美術館 Tehran Museum  of Contemporary Art
インディアンレッドの地の壁画 1950年 テヘラン現代美術館 Tehran Museum of Contemporary Art

 今回の回顧展には米国のニューヨーク近代美術館をはじめ、日本を含む英国、オーストラリアなど各国から64点の作品が集められたが、案内ポスターには〈特別助成・アメリカ大使館、後援・イラン大使館〉と、国際政治で角を突き合わせる両国が名を連ねる。米国は資金面で助成をし、イランはポロックの最高傑作で、回顧展の目玉となる「インディアンレッドの地の壁画」を出品したからだ。現在、約200億円の評価額を得ている絵である。  主催者である国立近代美術館と読売新聞社がポロック展の企画準備に入った2、3年前、たまたまイラン政府から「我が国の美術館が日本と文化交流を望んでいる」との連絡が日本政府に入り、国立近代美術館に伝えられた。  同美術館の中林和雄企画課長はポロックの専門家で、テヘラン現代美術館に「インディアンレッドの地の壁画」があることを知っていた。「イランから話があるまで借りられるとは思ってもいませんでした。なにせ米国の画家の絵ですから」。メールで交渉をするとOKが出た。それも借用料はいらないという破格の条件だった。  1950年完成の「インディアンレッドの地の壁画」はニューヨーク近代美術館絵画彫刻部長で、美術評論家のウィリアム・ルービン氏が所有していたが、76年にイランのパーレビ国王のファラ王妃が購入し、テヘラン現代美術館の所蔵となった。王妃は大の美術愛好家で、ピカソ、ゴーギャン、モジリアニ、ジャコメッティなど世界的な名画数十点を集めていた。  しかし3年後の79年、イラン革命で国王一族は国外に脱出。王妃が収集した絵画類は「米欧の腐敗した文化」として一時期、倉庫にしまわれたままになった。世界の美術界にとっては垂涎の的だが、「イランだから借りるのは無理だろう」と、過去にスイスの美術館にピカソが貸し出されただけ。もちろん「インディアンレッドの地の壁画」が国外に出るのは初めてだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順