ノーベル賞の「秘められた寓意」――日中韓に蔓延する事大主義を嗤う

執筆者:塩谷喜雄 2012年10月18日
カテゴリ: 国際 社会
エリア: ヨーロッパ 日本
異例のスピード受賞となった山中伸弥京都大学教授(c)時事
異例のスピード受賞となった山中伸弥京都大学教授(c)時事

 2012年のノーベル賞受賞者を眺めてみると、独特の「法則」が鮮明に見えてくる。その法則とは、順風満帆・国力隆盛な時期には賞の栄誉はもたらされず、政治や経済が停滞・衰弱して、国力に翳りが見えた時に、賞の女神は微笑む、というものだ。  筆者は科学記者として、自然科学系のノーベル賞を長く観察してきて、選考を担当する欧州の科学者たちによるこの「秘められた寓意」を、ずっと感じてきた。

バブル期には受賞者ゼロ

 英国病などと言われ、存在感の薄くなった1970年代から80年代の英国に、立て続けに自然科学系ノーベル賞の受賞者が生まれた。ノーベル賞には珍しく、1979年には、X線CTという応用技術の開発者、英国のEMI社の技術研究者に生理学・医学賞を贈っている。
 逆に日本はそのころ、ジャパン・アズ・ナンバーワンなどといわれ、有頂天でバブルにまみれていた。当然、87年に利根川進氏が生理学・医学賞を受賞してから13年間、日本に自然科学系のノーベル賞はゼロだった(94年に大江健三郎氏が文学賞を受賞している)。
 バブルが崩壊し、失われた10年に入り、ジャパン・パッシングなどと揶揄されて国の存在感が薄れ始めると、2000年に白川英樹氏が化学賞を受賞し、2001年に野依良治氏、2002年には田中耕一氏と、3年続けて化学賞が日本人にもたらされた。2002年は小柴昌俊氏が物理学賞を受けており、物理と化学のダブル受賞だった。
 2008年、リーマンショックの年には、南部陽一郎、小林誠、益川敏英の3氏が物理学賞、下村脩氏が化学賞と、4人が同時受賞した。リーマンショックの傷は先進国の中では比較的浅かった日本だが、ノーベル賞の最終選考は2008年の春から夏で、リーマン・ブラザーズが破綻する前だ。この年の初め、ダボス会議では、「Japan: A Forgotten Power?(日本は忘れられた大国か)」というセッションが開かれるほど、日本の国際社会でのプレゼンスは急低下していた。
 そして2012年、東日本大震災と福島原発事故の翌年、日本人2度目の生理学・医学賞を山中伸弥京大教授が受賞した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
塩谷喜雄 科学ジャーナリスト。1946年生れ。東北大学理学部卒業後、71年日本経済新聞社入社。科学技術部次長などを経て、97年より論説委員。コラム「春秋」「中外時評」などを担当した。2010年9月退社。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順