胡錦濤の大番頭・令計画を失脚させた「2つの大スキャンダル」

執筆者:藤田洋毅 2012年11月7日
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾
胡錦濤(右)から習近平への政権交代を前に激しい権力闘争が起きている(c)EPA=時事
胡錦濤(右)から習近平への政権交代を前に激しい権力闘争が起きている(c)EPA=時事

 胡錦濤総書記の大管家(大番頭)として活躍し、11月8日に開幕する第18回中国共産党全国代表大会(第18回党大会=18大)での政治局員昇格も噂されていた令計画・前党中央弁公庁主任(書記局員)が失速した内幕が明らかになった。  失脚した重慶市の薄熙来・前書記(前政治局員)問題処理の陣頭指揮を取り、その辣腕が注目を集めた令計画だが、極めて深刻な身内の不祥事が暴かれた。夏の北戴河会議では胡を支える政治基盤である共産主義青年団グループ(団派)の伸長を警戒する江沢民前総書記が胡の腹心(=令計画)のスキャンダルを厳しく批判、上海閥や長老、薄熙来を支持する党内左派に加え一部太子党も猛烈に突き上げた。令の後ろ盾だった胡総書記も、一歩退かざるをえなくなったという。

フェラーリ飲酒運転で事故死した息子

「令計画、党中央統一戦線工作部部長に転任」――9月1日、時期外れの人事異動発表に様々な憶測が乱れ飛んだ。同部長職は従来、政治局員ポストではなく、左遷とまではいえないが、栄達には程遠い。一時は統一戦線工作を重視する胡錦濤と次期トップの習近平・政治局常務委員が、18大で同部長職を政治局員ポストに格上げするのではないかとの解釈まで飛び交ったほど、唐突で意外な人事だった。だが党中枢の中堅幹部は「実質的な更迭」と明言、主な理由は2つと続けた。
 薄熙来の職務を停止した3日後の3月18日早朝4時過ぎ、令計画の息子が某富豪から借りた高級外車フェラーリが北京市内第四環状路でスリップ事故を起こした。飲酒後、2席しかないフェラーリに3人が乗り込み、猛スピードで疾走した挙句、折からの降雪に車輪を取られ側壁と高架橋脚に激突、「車外に投げ出された3人は、いずれも全裸・半裸状態。シートベルトも外し、急ハンドルでバランスを失った自損事故だった」(同幹部)という。息子は即死、同乗していた2人の女性も1人は身体障害者と成り、もう1人はひどい火傷を負い夏に死亡したそうだ。
 幹部が挙げる問題の1つは、既に現場で事故処理にあたっていた市交通管理局の係官や消防・救急隊を押し退け、「ほぼ1時間後」(同)に駆け付けた党中央弁公庁の高官や、同庁に属し要人警護を担当する党中央警衛局の高官、軍幹部らが遺留品や証拠を持ち去ったこと。警衛局スタッフが来る前に撮影された、焼けただれて大破したフェラーリの写真は、翌19日の「北京晩報」、「新京報」が掲載したが、1人死亡2人重傷とするのみで具体名には触れず。しかもこの報道は即日、党中央宣伝部からの指示で国内ネットから削除され、箝口令が敷かれた。写真を収めた記者のパソコンまで没収されたという。
 令計画抜擢に反対する江らは、薄の身柄拘束の際にも動員した党中央警衛局を「令が私物化し、事故を揉み消そうとした」と糾弾、あたかも意趣返しかのように、職権乱用を非難された薄熙来と同じ「罪状」を突き付けた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順