毛沢東ゆかりの「紅色コレクション」が中国で高く売れる理由

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2013年10月4日
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 中国・台湾

 9月中旬、北京でオークションが開かれた。主催者は中国最大のオークション企業「嘉徳国際」。注目されたのが、今回は嘉徳が特別に毛沢東をテーマとした品々をずらりとそろえたことだ。

 最も高い値段がついたのが、1944年に20部だけ出版されたという革命前の「毛沢東選集」で、350万人民元(1人民元=約15円)の価格がついたとされる。

 くしくも嘉徳の創業者である陳東昇という人物は、毛沢東の孫にあたる孔東梅と結婚しており、嘉徳と毛沢東との関係が話題にもなった。ちなみに、この嘉徳を陳東昇と一緒に創業した王雁南という女性は趙紫陽の娘だというから、中国の文化と政治の繋がりは奥が深い。

 こうした毛沢東がらみの品々は中国では「紅色コレクション」と呼ばれ、近年、人気が急上昇している。今年8月には、毛沢東選集の豪華版が別のオークションにおいて152万元で落札されたが、数年前の市場価格はわずか20万元程度だったと言われている。

 また、今春のオークションでは、毛沢東と妻・江青が一緒に表紙に写った1949年発行の雑誌「新聞天地」が、当初の想定価格が3万元だったものが、値段がどんどんつり上がって34万元まで上がったことが話題になった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順