「お台場カジノ解禁」で吹き出す「危ない話」――シンガポールを訪ねて

出井康博
 「お台場カジノ」のモデル、シンガポールの大型複合リゾートホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」(写真は筆者撮影)
「お台場カジノ」のモデル、シンガポールの大型複合リゾートホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」(写真は筆者撮影)

 カジノをつくれば外国人観光客が押し寄せ、日本の経済が活性化する――。カジノ解禁を目指す超党派の国会議員たちは「カジノ」を成長戦略の柱に位置づけ、今国会中の法案提出を目指している。2020年の東京オリンピック開催も追い風となり、いよいよ「お台場カジノ」が現実味を帯びてきた。日本でカジノを解禁すれば「年1兆円」の収入が見込めるとの試算もある。だが、本当にカジノ目当てに外国人観光客はやって来て、日本に大金を落としてくれるのか。「お台場カジノ」のモデルがあるシンガポールを訪れた。

 

人影はまばら

 カジノの内部。人のいないテーブルも目につく
カジノの内部。人のいないテーブルも目につく

 2010年、海沿いにオープンした大型複合リゾートホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」(MBS)。57階建てのタワー3棟に船の形をした空中庭園が乗った同ホテルは、日本のカジノ推進派が検討している統合型リゾート(IR)のモデルだ。開業当初からシンガポールの新名所となっており、筆者が訪れた週末の午後も、低層階のショッピングモールはアジア各国の観光客で大賑わい。だが、1階の一角にあるカジノに足を踏み入れると、まるで別世界だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)がある。最新刊は『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順