深刻な低迷続く「AVメーカー御三家」問題の深層(ソニー編)

執筆者:杜耕次 2014年2月17日
エリア: 日本
 あまりの凋落ぶりに、かつては海外マーケットでも〝ソニーショック”と言われたが……(平井一夫社長) (C)EPA=時事
あまりの凋落ぶりに、かつては海外マーケットでも〝ソニーショック”と言われたが……(平井一夫社長) (C)EPA=時事

 日本を代表する製造業といわれてきたAV(音響・映像)機器メーカーの“御三家”、ソニー、パナソニック、シャープが3000億円-7000億円台 の巨額最終赤字を計上したのは2012年3月期。業績悪化の責任を問われて3社ともトップが退き、新体制が発足した。あれから2年。3社は「V字回復」はおろか、黒字転換がやっと。繰り返される人員削減や経費カットで社内は「リストラ疲れ」の状況に陥っている。結果を出せない経営陣に株主はじめステークホルダーは苛立ちを募らせているが、引き際の見苦しかった前任者に引導を渡して間もないだけに「経営刷新」の声も疲れ気味で、むしろ「誰がやっても同じ」とあきらめに似た雰囲気さえ漂っている。米アップルや韓国サムスン電子に奪われた王座を奪回するには、日本のAV御三家は人材の層があまりに薄い。初回はまず、ソニーの内情を探ってみる。

 

出井元社長の“限界”

「苦渋の決断だった……」

 2月6日に開かれたソニーの第3四半期(13年4-12月期)決算発表会。前日まで出席予定のなかった社長の平井一夫(53)が会場に姿を現し、「VAIO」ブランドで展開してきたパソコン事業の売却や、10期連続の赤字が不可避となったテレビ事業の分社化など、一連のエレクトロニクス事業「再建策」を説明した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順