国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(48)

「女性が主役」だった時代

関裕二
執筆者:関裕二 2014年3月14日
カテゴリ: 文化・歴史
エリア: 日本

 安倍政権が成長戦略の一環として、女性の活躍を推進している。いわゆる「ウーマノミクス」で、2020年までに指導的立場の女性を30%まで増やす目標を掲げた。そんな最中、本田技研で、初の女性役員登用が決まり、ニュースになった。この程度で話題に上るのだから、まだまだ女性の社会進出は、遅れているのだ。

 

「天皇の母のミウチが権力者」

 いっぽう、日本の歴史をふり返れば、女性の活躍が目立つ。歴史を動かした女性は、星の数ほどいる。和宮、日野富子、北条政子、光明子、県犬養(橘)三千代、斉明天皇、推古天皇、卑弥呼など、時代の節目節目に、きら星の如く女傑たちが出現した。その中でも古代史は特別で「女性が主役だった」といっても過言ではない。それにもかかわらず、男性が中心だったという歴史観が罷り通っているのは、いくつもの誤解が重なっているからだ。

 たとえば、系図は男性の血脈だけを描く場合が多いが、実際には、「母方」を組み込まないと、正確な人間関係、力関係を知ることはできない。「誰と姻戚関係を結ぶか」「いかに閨閥を形成するか」が大きな意味を持っていたし、ここに、女性の果たす役割と発言力の源泉があった。

 ヤマト建国ののち長い間、実権のない司祭王(大王、天皇)を支えていたのは取り巻きの豪族であり、その中でも、娘を天皇に嫁がせた豪族が、優位に立った。その娘が御子を生み、即位できれば、さらに大きな発言力を獲得できたのだ。蘇我氏も藤原氏も、競って自家の女人を有力な皇子や天皇に嫁がせた。目的は、権力基盤を盤石なものにするためだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順