“危機感”募らせるロシア中距離核ミサイル再配備へ暴走か

2006年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア 北米

 冷戦終結のシンボルでもあった米ソ中距離核戦力(INF)全廃条約から撤退し、再度中距離核ミサイルを保有する動きがロシアから出ている。 イワノフ国防相は先頃、「あらゆる諸国が中距離ミサイルを保有し始めており、持っていないのは米露だけだ。条約は現在の国際安全保障環境に合致していない」と述べた。再配備論は軍幹部や学者の間からも出ている。 中距離ミサイルは射程五百―五千五百キロのミサイル。一九八七年にレーガン、ゴルバチョフ両首脳の間で調印され、米ソはその後数千基のミサイルを全廃した。ところが冷戦終結後、イラン、インド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮などが次々に中距離ミサイルを保有。中国も続々増強している。「米国の防衛には長距離の戦略ミサイルだけで十分だが、ロシアは近隣諸国の中距離ミサイルの格好の標的になる」(軍事筋)との危機感がロシアにはある。欧州諸国が最近、エネルギー問題などでロシアに対して高飛車なのも、欧州を射程に収める中距離ミサイルがないため、との狂気じみた認識もある。 改革派軍事専門家のアレクセイ・アルバトフ氏は「ロシアがINF全廃条約を脱退して再武装すると、北大西洋条約機構(NATO)も再配備し、再び冷戦時代と同じような軍拡競争が始まる危険がある。NATOはバルト三国やポーランドに配備すると考えられるため、脅威は冷戦期より高まる」と警告している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順