“危機感”募らせるロシア中距離核ミサイル再配備へ暴走か

執筆者: 2006年6月号
エリア: ロシア 北米

 冷戦終結のシンボルでもあった米ソ中距離核戦力(INF)全廃条約から撤退し、再度中距離核ミサイルを保有する動きがロシアから出ている。 イワノフ国防相は先頃、「あらゆる諸国が中距離ミサイルを保有し始めており、持っていないのは米露だけだ。条約は現在の国際安全保障環境に合致していない」と述べた。再配備論は軍幹部や学者の間からも出ている。 中距離ミサイルは射程五百―五千五百キロのミサイル。一九八七年にレーガン、ゴルバチョフ両首脳の間で調印され、米ソはその後数千基のミサイルを全廃した。ところが冷戦終結後、イラン、インド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮などが次々に中距離ミサイルを保有。中国も続々増強している。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top