【ブックハンティング】日本が世界の経済政策から学ぶべきことは何か​​?

原田泰
執筆者:原田泰 2014年11月8日
 『反グローバリズムの克服-世界の経済政策に学ぶ』
『反グローバリズムの克服-世界の経済政策に学ぶ』

八代尚宏著/新潮選書

 日本ではなぜかグローバリズムは評判が悪い。私はかつて、本書『反グローバリズムの克服-世界の経済政策に学ぶ』(八代尚宏著/新潮選書)でも分析されているTPP(環太平洋経済連携協定)を扱った本のうちで、どれだけが「反」でどれだけが「賛」かを調べたことがある。TPPという言葉が書名に入っている84の本のうち、「賛」は15しかなかった。しかし、トーマス・フリードマンの世界的ベスト・セラー『レクサスとオリーブの木』で、オリーブはローカルな文化、土地、人々の象徴だが、トヨタのレクサスはグローバリズムの象徴である。日本は、グローバリズムの旗手であって、同時に、世界でも反グローバリズムの気分の強い国である。

 このような状況に対して、本書は、グローバリズムの効用を分析し、反グローバリズムでは、経済はじり貧になるだけだと説く。ただし、本書は、「反グローバリズム論」がいかに誤っているかを論争的に述べるというよりも、世界の政策事例に学んで、反グローバリズムが誤りであることを示すというものになっている。「世界の経済政策に学ぶ」という副題が本書の内容をより適切に示しているかもしれない。したがって、本書では、著者が2011年に著した『新自由主義の復権』(中公新書)のような爽快さは弱まっている(もちろん、私自身も新自由主義のエコノミストであるので、反新自由主義批判に共感し、爽快さを感じたのだが、反新自由主義論者にとっては苛立つ内容だったかもしれない)。その代わり、本書には世界各国の課題と克服策が多数、紹介されている。世界の優れたものを取り入れることによって発展してきた日本が、経済が停滞し、世界から学ばなくなっている現状での貴重な一覧と言えるだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
原田泰
原田泰 日本銀行政策委員会審議委員。1950年、東京都生まれ。1974年、東京大学農学部卒。経済企画庁、財務省、大和総研、早稲田大学政治経済学部教授を経て現職。著書に、『日本国の原則』(日本経済新聞社/第29回石橋湛山賞受賞)、『TPPでさらに強くなる日本』(PHP研究所/東京財団との共著)ほか多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順