国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(57)

「三輪山」:天皇と伊勢神宮の謎を解くカギ

関裕二
執筆者:関裕二 2014年12月15日
カテゴリ: 文化・歴史
エリア: 日本

 平成26年(2014)11月17日、天皇皇后両陛下が、三輪山麓の大神(おおみわ)神社(奈良県桜井市)を参拝された。皇太子時代をふくめて、2度目の参拝となった。昭和天皇も昭和59年(1984)に親拝されている。

 皇室にゆかりの深い神社といえば、伊勢神宮が思い浮かぶが、大神神社も負けてはいない。「ヤマト建国の地=纏向(まきむく)」に隣接する由緒正しい神社だ。

 

『日本書紀』の捏造

 三輪山はお椀型の典型的な神奈備山(かんなびやま、神の鎮座する山)で、ヤマトを象徴する霊山だ。ヤマト政権は、その三輪山麓で産声を上げ、7世紀に至るまで、天皇家の大切な霊山だった。たとえば天智天皇が近江遷都を敢行した際(667)、額田王は三輪山との別れを惜しみ、「懐かしい三輪山を、どうか隠さないでほしい」と、雲に願う歌を作っている(『万葉集』巻1-18)。また天智天皇も、三輪山の神を近江宮のそばに勧請(かんじょう)している。これが日吉大社(滋賀県大津市)であり、王家と三輪の神は、切っても切れない関係にあったことがわかる。

 しかし7世紀後半の伊勢神宮整備、8世紀前半の『日本書紀』によって「伊勢神宮に祀られる女神・天照大神(あまてらすおおみかみ)」がもっとも格式高い神と唱えられ、次第に三輪の神は軽視されていくことになる。だから、今上天皇の御親拝は、じつに感慨深いものがある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順